読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梅野隆太郎 結婚!アスリートフードマイスター 資格取得の妻

梅野隆太郎 結婚が話題です

阪神・梅野が結婚 福岡出身年上女性と、21日婚姻届提出



スポンサードリンク





阪神・梅野隆太郎捕手(25)が結婚することが20日、分かった。お相手は福岡県出身で27歳の一般女性。小学4年の春に卵巣がんで他界した母・啓子さん(享年34)の50回目の誕生日となる21日に恩返しの思いも込めて婚姻届を提出する。

 「3月21日」―。梅野にとって今までも、これからも、ずっと特別な日だ。感謝、そして、正捕手定着を期すプロ4年目への決意を込め、人生の門出の日に選んだ。

 「母がいなければ、こうやって毎日、ユニホームを着て、野球をできていない。プロ野球選手になれたことも、結婚できることも、すべては産んでくれた母のおかげ。感謝の思いしかない。開幕前という大事な時期ですが、母の誕生日に婚姻届を提出して、自分の中で、今季に懸ける気持ちも、より強くなっている。母も、きっと喜んでくれていると思います」

 生前、啓子さんは病床で父・義隆さんに「隆太郎をプロ野球選手にして…」と思いを託した。自身の一番の“ファン”だった母の誕生日を記念日にしたのは感謝の思いから。同時にプロでの飛躍、社会人としての独り立ちを誓った。

 人生のパートナーに選んだのは福岡県出身の一般女性で、福岡大3年だった12年夏に知人の紹介で出会った。第一印象から「年上で社会人だったし、大人の女性だった」と好感を持ち、秋には交際をスタートさせた。昨春から芦屋市内で一緒に暮らし始めた。美容師だった彼女は夢をあきらめて全面サポート。「アスリートフードマイスター」の資格も取得した。

参照元:ヤフーニュース
参照先URL: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170321-00000072-spnannex-base 

~~~◆ ◇ ◆ 以下、ネットの反応です ◆ ◇ ◆~~~

「公私共に幸せ活躍して欲しいと思う方 クリック」


「梅野おめでとう。奥さんが夢を諦めてついてきてくれた分も、梅野が頑張らないとな。今季こそは皆が認める正捕手になってほしい。今1番近いところにいるんだから。」


「今年は奥さんに良いところ見せないとな。」


「野球選手にとっては、姉さん女房の方が何かと頼りになるかも!」


「若手結婚ラッシュだねえ阪神


「それだけみんな自信もつき、今年が自分の勝負と思ってるということ」


「今年は楽しみだ」


「奥さんも、ピッチャーも、バッティングも、ガッチリ掴んでや~!!」


「おめでとう!」


「今年は飛躍の年にしてくれ!」


「おめでとうございます、今シーズンは正捕手で頑張ってください。」


「今年は正捕手。勝負じゃ」


「原口に戻るポジションを与えないように!」


「石のうえにも3年。今年は正念場ですね。」


「亡くなられたお母さんの誕生日に籍を入れるとか優しい子に育ったんだね。天国のお母さんも喜んでるんじゃないかな。」


「おめでとう!」

https://twitter.com/yakyuragu/status/843952985474392068
「これはいいニュース!」
https://twitter.com/yakyuragu/status/843952985474392068

「梅ちゃん今年は正捕手奪取できるように頑張ってね!応援します!」


「若手の結婚ラッシュ。」


「原口に、梅野に、勝負の一年になりそうだな。」


「梅ちゃんおめでとう」


「幸せになってね(*^^*)」


「これからも、変わらず応援してきます」


「梅ちゃんおめでとう。朝から良いニュースで嬉しいです。」


「今年は正捕手の座を、しっかりとつかんでください。」


「おめでとうございます(^^)」


「今年は誰にもポジションを譲らないでね!」


「期待してまっせ。」


「原口も結婚したし」


「なんか阪神キャッチャー結婚ラッシュ続いてるな」


「今季は奥さんとお母様に良いところを見せる大チャンス」


「かっこいいところを見せてやれ!!!」


「梅野が結婚かぁ。」


「おめでとうございます!」


「「年上」と言っても2歳差なら、同年代とは思うけどな。」


「ともあれ、奥さんに家族の為にも頑張って貰いたいね。」


「梅野選手にあげマンで有りますように!」


「親孝行だな。おめでとう。」


「梅ちゃんおめでとう」


「毎度思いますが、野球選手も一般人ですよね?一般職ではないですけど。」


「公人じゃないし。」


「梅ちゃん、おめでとう\(^o^)/」


「益々、頑張らないとね\(^o^)/」


「若虎頼むで!」


「奥さま美容師になる夢を諦めて梅野選手を」


「サポートすなんて、よぼとの決心だったで」


「しょう。是非活躍して奥さまと天国で」


「見守ってくれてる、お母様を喜ばせるように」


「頑張って下さい!」


「結婚ラッシュですねぇ~。」


「梅ちゃん、おめでとうございます!」


「今年は正捕手の大チャンスやで!奥さんやお母さんのために頑張れ!」


「(にしても阪神の選手は一般の人と結婚するねえ)」


「小さい頃に母親と死別したんだもんな。」


「辛かったろうな。」


「その母親の誕生日に入籍、胸が熱くなるね。」


「今年はレギュラー掴むチャンスだし、応援してるよ!」


「女房を捕まえても、正妻にならな意味ないぞ!ガンバレ梅野!」


「おめでとうございます。今年こそ公私ともに飛躍の一年にしてください。大いに期待しております。」


「おめでとうございます。今シーズンレギュラーとして頑張ってください。」


「燃える闘志を」


「バットに込めて」


「打てよ梅野」


「炎のアーチ」


「虎の女房に女房が出来たんですねw」


「めでたいです」


「野球頑張ってください」


「結婚して戦力外になる若手が多い。」


「江越、原口、そして梅野。」


「若手は腹をくくったってことやね。」


「家族のためにも頑張ってほしい!」


「そして、江越!!」


「個人的にはあなたが心配だ!」


「今年、梅野が躍進してきてる原動力のひとつがこの奥さんになる人なのかな。」


「一般女性って言うのが好感触」


「おめでとうございます!」


「期待してるぞ梅野 今年の投手陣を引っ張るのお前だからな」


「今年は能見メッセンジャーの女房役だからなあ。奥さん大事に。」


「原口と梅野は捕手争いだけでなく」


「女子人気争いもしてたのに」


「お互いに結婚かぁ」


「ほう、今年は充実した年にしてください。おめでとう!」


内助の功で、きっとブレイクする。」


「おめでとうございます。」


「今年はチャンス、頑張れ!」


「苦労したんだな 頑張ってほしいわ 良かった」


「梅野君おめでとうございます」


「しっかりキャッチングの練習してレギュラー取って下さい。」


「わったいな」


「身も固めたことやし、今期は飛躍の年にせんとな。」


「梅ちゃんおめでとう。」


「今年は結婚した選手、阪神多いな。」


「結果を出して奥さんを安心させてあげてね、正捕手期待してます。」


「張り切り過ぎて、体力落とすなよ」


阪神は一般女性結婚多いねえ~」


「梅ちゃんおめでとうございます(^^)」


「「一般女性」も「真剣交際」と同じで、芸能スポーツ界の報道用語だわ(笑)」


「このタイミング?」


WBC貢献しろよ。」


「ってか、オメエじゃ無理だわ。」


「さぁ梅ちゃん、今度は正妻をゲットやで!」


「梅ちゃん頑張ってくれや!」


「頼むで!」


「こういうどーでも1軍半選手の結婚なんぞを取り上げるから、阪神の若手はダメになる。」


「一般女性って何?」


「特別な女性って何?」


「貴族と庶民ってことか?」


「梅よ、女子アナいっぱいいるのに」


「なんで一般女性なんだ・・・ファンは泣いているよ」


「森知哉じゃやくて、梅野獲って良かったと思わせて下さい。」


「親友江越に負けじと結婚わろたwww」


「まぁ頑張って正捕手の座を勝ち取ってくれ」


Joshinのコマーシャル離れてよかったですね。」


「バッティングセンスを磨かないと、梅野には野球選手としての将来がないよ」


「結婚を機に、生まれ変わって、打率を2割5分まで持って行ってもらいたい」


「原口の為にも文句言わせずレギュラーとらなあかん。」


「原口の方が良かったと思わせないでくれよ!」