読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上西小百合 ハイヒールリンゴ!バイキング生対決

上西小百合 ハイヒールリンゴ!バイキング生対決が話題に。

上西小百合議員、「ハイヒール」リンゴの批判に逆ギレ「私ほど叩かれた議員は史上初だと思います」




スポンサードリンク




「維新の党」時代の日本維新の会に除籍され、現在は無所属の上西小百合衆院議員(33)が、20日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金・前11時55分)に出演。以前から確執が伝えられていた女性漫才コンビ「ハイヒール」のリンゴ(55)と“生対決”した。

 ここ数年、リンゴが大阪の番組に出演した際、「化粧が濃い」「維新の比例で選挙に通ったのだから、除名されたら議員辞職すべき」など、様々な批判を繰り返してきたことに上西氏が激怒。2月にツイッターで「ハイヒールのリンゴだかモモコだか知らないが、大阪の番組だから、私が何も言ってこないと思って、調子に乗ってる」と、つぶやいたことから実現した今回の直接対決。「怒り満点で来ました」という上西氏が「政治家として一生懸命、活動している中で、リンゴさんのイチャモンは迷惑なんです。しつこいし、中身がないんですよ」と、いきなり怒りをぶちまけた。

参照元:ヤフーニュース
参照先URL: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170320-00000072-sph-ent 

~~~◆ ◇ ◆ 以下、ネットの反応です ◆ ◇ ◆~~~

「黒歴史とかそういうレベルじゃない」


「人格に問題がある」


「数十年後あの人は今ですら見たくない吐き気がする存在」


「本当早く辞めて欲しい!」


「こんな人が2000万ももらってると思うと!」


「腹立たしい!!」


「橋下さんの汚点」


「議員である以前に」


「いちいち物の言い方が」


「腹立たしい。」


「観てて不愉快。」


「話の内容以前の問題。」


「あなたは女性としても失格ですよ!」


「心配しなくても、次はないから(笑)」


「政治的な事以外では、史上初。」


「政治的には他に多くの人が居る。」


「前回は比例だったので当選したのは仕方ないが、次は選挙区民の責任が問われます。」


「吹田と摂津の人には気の毒だが、そんなとこ住みたくないな。」


「ビックリするくらい気が強い人。」


「次回の選挙本当に当選すると思っているのか?」


「おつむ大丈夫なの?」


「史上初というより歴代史上最低議員でしょ!」


「政治家としても社会人としても女性としても失格。炎上商法としても芸が足りない。」


「何故みんな相手にすんだ?。」


「次は無いと思うよ。」


「自信の実力で当選したわけでもないのに」


「次も当選するつもりって、舛添が都知事に」


「再選するより可能性無いだろ!」


「小選挙区では落選した人は」


「比例で復活できないようにしてほしい。」


「フジって言うか、バイキングって、炎上商法の人の話題が好きですね?やっぱり、視聴率狙いなのかな?」


「上西の発言が意味があろうがなかろうがどうでもいいし」


「言葉に重みもない。」


「どうでもいい」


「本当に不愉快。」


「あなたほど叩かれるだけの理由がある議員は史上初だと思います。」


「この人に議員報酬を払いたくない、」


「次も当選する気でいるんだ…」


「あなた以外みんな無理だと思ってると思うけど」


「リンゴさんももっと突っ込んで欲しかったなぁ。モモコさんならぐうのねも出ないくらい叩きそうだけど…優し過ぎ。」


「見てたけど、その大阪の人が調べないと分からないような仕事も如何なものだろう。」


「一生懸命やってるとかの評価は、他人がするものかとも思うし、この人の物言いはイラっとさせるだけですね。」


「次も選挙出るの?」


「無理でしょ~笑」


「議員として何をやってきた人なんでしょうか」


「この人はメンタルが異様に強いと思う。」


「出馬するのは自由だけど、当選するのかな?」


「精神的に問題有り。」


「見てもいないが、見る気もない。何でこんな奴を番組に呼ぶんだろう」


「別に選んだ覚えはない、橋下さんの責任だわ。」


「なんでこんな人が議員なんやろ。。」


「そもそもそこからおかしいねん。」


「次も出る気なんだ・・・」


「上西議員」


「話せば話すほど自分を正当化すれば」


「するほどボロが出てましたね。」


「次回の選挙が楽しみですね。」


「2回の選挙でどちらも比例復活だったからなぁ」


「比例復活制度は国民が選ばなかった候補が当選してしまう制度だから憲法違反だと思う。」


「当選すると思っているのか…」


「どうやって選挙に勝つ気なんだろ?」


「次はないだろうね。」


「なんでこんな奴テレビに出すの?」


「税金を何だと思ってるんだ!」


「休日にわざわざ見たくないです。番組もネタがないのかな。」


「議員漫才という副業が本業かと思わせるのは史上初」


「調子に乗ってるにはどう見てもあんたのほうじゃん」


「しかも逆ギレで「自分ほど叩かれた議員は史上初」とか」


「叩かれた内容を考えてものを言えよって思う」


「品がないわな。」


「番組見てたけど、」


「この人終わったと思った。」


「国会をサボッたり議論する気も無いのに議員のつもりでいるのが痛い。」


「そもそもこんな人をテレビに呼ぶことが間違いだと思うけどね、」


「ますます増長するだけだよ。」


「次の総選挙で当選できると思ってるのには呆れる」


「政治家でいたいだけで、何かコトを起こしたいわけではないんだろうなぁ…。まぁそんなアイディアもでないだろうし、もう次はないでしょ?」


「あと、リンゴ姐さんがいってたように、話が長く、内容があちこち飛ぶから何が言いたいかよく分からない。…ということは、政治家としてもマズくない?」


「次も当選するのか?」


「地元民に普通に倫理観があるなら次回は当選しないだろう。」


「とりあえず常識はない人だよね。」


「33歳でこれか‥‥子供産んだら間違いなくモンスターペアレントだね。」


「政治以外でしかテレビに出れない議員。」


「高校野球の方が面白かったしね。」


「これで次も当選するなんて事があったら、ある意味終わりだよね‥‥。次回は当選しない事と、二度とお目にかからない事をお祈り申し上げます。」


「政治家なのになんでも自分が1番と思ってる感じが嫌」


「リンゴさんの批判は的を得た意見ですね。」


「「私ほど叩かれた議員は史上初だと思います」」


「なるほど…私に言わせると」


「「貴女ほど叩かれる発言や行動をした議員は史上初だと思います」ですよ」


「あなたほど議員が似合わない人も史上初」


「次は当選しない」


「叩くにも値しない。」


「次の選挙では100%落ちます。」


「ずっと政治家って言ってるけどもう当選できないよ。」


「テレビで話すレベルじゃないな。」


「バイキングだから呼ばれたんであり、政治家として呼ばれたわけではないでしょ」


「何でも一番じゃないと気が済まないのは」


「レンボーと何ら変わらない。」


「ダメだこりゃ(T^T)」


「町会議員でも落選すると思う。」


「政党名での得票で議員になって、政党を離れても議員でオッケー…というのが、比例選挙の最大の問題と思います。難しいと思うけど、比例当選には何らかの制限があっていいと思うよ。」


「大丈夫。」


「一生当選することはない。」


「番組見てたけど、」


「言ってることの筋が全く通ってない。」


「こんな人が議員になれるのが不思議。」


「しかも、本人は一生政治家で」


「やっていけると思っているところが、」


「本当に不思議。無理でしょ。」


「レベルの低い口喧嘩だったね。」


「この人で番組成り立たすバイキングが凄い。」


「まあ、話題にならなかっただけかもしれないけど」


「当時あなたより酷かった議員はいませんからねえ」


「次の選挙で勝つつもりかよ…」


「これだけ有名になってしまったし普通に働くのは難しいし」


「○Vなら需要があるかもしれない」


「やるなら早めにどうぞ」


「こんな人を当選させた人がいるってすごいわ」


「教育しきれなかった橋下、松井の責任でもある。」


「次は無所属で選挙区から出るんでしょ?それで当選する気か?」


「政治家以前、人として欠陥があるとしか思えない。」


「まぁ何にせよ…中身がないのはこの方も同じと思われますが…(´・ω・`)…」


「叩かれるのは、叩かれる理由があったからで…。」


「あなたはタレントではなく、現職の政治家」


「有権者に声が届かないのは、資質、能力がない」


「何より「人格」に問題がある」


「大丈夫!次は無いから。」


「次はあるの?当選できると夢みてるだけやろ?」


「えっ?次も出るつもりだったの?」


「頼むから辞職してくれ」


「確かに、政治家としての叩かれ方には中身がないものが多い。」


「なぜなら、あなたに政治家としての中身が無いから。」


「マスコミも視聴率狙いかもしれないが、こんな奴出すからダメ」


「まだバッシングされてる意味が分からないのか、この税金ドロボウ。」


「二度と当選はないと思うが彼女にも被選挙権があるので立候補はご自由に。」


「これに投票する人が居るんだからしょうがない(-_-)」


「リンゴ姉さんのが学もあるな…こりゃ」


「史上初の仕事しない議員だろがー」


「アブノーマル議員ですよね!」


「政治家って、職業として政治に携わっている人の事ですよね。」


「テレビに出演している上西小百合って政治に関する事以外が90%超えていると思う。」


「叩かれる程の議員でもない。」


「気が強いアザラシ。」


「落選後の上西さんを見てみたいです…どんな言い訳や毒を吐くのか今から楽しみですよ。」


「次回の当選があるとでも?」


「私は深い理由や正しい事をするけど貴方は間違ってる。っていっつも言ってるみたい。本当にごめんなさいができない人。」


「もしキャラクター作ってたりしてても政治家の公人としてそんなもの必要?なんか履き違えしてる気がする。」