読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カルテット 第10話最終回放送で松本まりか

カルテット 第10話最終回放送で松本まりかが話題になていますね。

『カルテット』最終回に松本まりかが登場! 『退屈な日々にさようならを』『愚行録』で注目



スポンサードリンク




SNSを中心に話題が話題を呼び、本サイトの関連記事のページビューもうなぎのぼり、先週放送された第9話では遂に視聴率も初の二桁にのり、いよいよ最終回の放送が迫った『カルテット』。

 同作では、主要なキャラクターはもちろんのこと、各回に登場したゲストの名演もこれまで話題を集めてきた。第1話で哀愁漂う詐欺師ピアニストを演じたイッセー尾形、第3話冒頭ですずめ(満島ひかり)の父として登場して視聴者を驚かせた高橋源一郎、第4話の家森(高橋一生)の元妻役で強烈な存在感を放った高橋メアリージュン、第6話で巻幹夫(宮藤官九郎)の元カノ役を当て書きされたとしか思えないハマりっぷりで演じていた大森靖子、第8話ですずめのバイト先の不動産屋の社長を演じて、名シーンだらけの本作においても屈指の感動シーンを彩ったミッキー・カーチスなどなど。挙げていけばきりがないが、どんなに小さな役にもその役の人生を感じさせる深みがあり、それを演じる役者も視聴者の心に深い爪痕を残さずにはいられないのが、坂元裕二脚本のすごさの一つである。


参照元:ヤフーニュース
参照先URL: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00010013-realsound-ent 

~~~◆ ◇ ◆ 以下、ネットの反応です ◆ ◇ ◆~~~


「視聴率と満足度が違うってことが一番分かったドラマや。」


「楽しみやけど終わるんは寂しいわ。。」


「松本まりかさんは知りませんが」


「今夜の最終回楽しみにしています!」


「早い最終回残念だけど、楽しみにしてます。」


「ちょっと長い(笑)」


「でも松本まりかに注目してみます」


「文章長すぎ。」


「瑛太は出ないのかなぁ?」


「そっか最終回は1年後の設定でしたっけ」


「数年後に持っていくのは」


「なんか誤魔化した感がするのですが」


「一体このドラマが」


「どんな内容で終わるのか気になります」



「名シーン多いですね」


「上品で役者さんも最高に良いと思います」


「瑛太、出ないんだ、残念。」


「松本まりかさん。」


「私にとってはリュックです。」


「FF10のリュックだね。ドラクエのテーマで何故かリュック登場なのか?楽しみだなぁ。」


「FF10のリュックの声優さん。」


「画像調べても松本まりかさんが誰か分かりません」


「松本まりかちゃん舞台以外で観るの久しぶりかも。」


「今日は連休明けなので勘違いしそうだけど火曜日!」


「文章は読んでません(笑)最終回堪能します。」


「(゚Д゚) あれ!最終回今日じゃん!」


「なんだ?この松本まりかファンによる、」


「松本まりかファンのための記事。」


「私にとっては誰ですか?だけど。」


「いよいよ最終回!しっかり見るよー!」


「おぉ、リュックじゃねーか懐かしい。」


「2017年冬ドラマ全部は大嫌いで御座います。」

三浦春馬 デート報道!ダンサーの菅原小春

三浦春馬 デート報道!ダンサーの菅原小春が話題になっていますね

三浦春馬、菅原小春と後楽園ホールでキックボクシング観戦デート


スポンサードリンク




現在放送中の大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)で熱演中の三浦春馬。今月14日から放送されているソフトバンクのスマートフォン新CMは、運命的に出会った女性と結婚するというもの。白いタキシード姿で金屏風をバックに結婚会見を行う様子が、反響を呼んでいる。

【この記事のすべての写真を見る】

「三浦さんは昨年9月に、ダンサーの菅原小春さんとの熱愛が報じられました。彼女は紅白歌合戦でも坂本冬美さんの『夜桜お七』でバックダンサーを務め、存在感を残しています」(芸能レポーター)

 公の場で交際を明言することはないものの、彼女の誕生日である2月14日にツーショット写真がSNS上に流出。ニュースサイト『週刊女性PRIME』でスクープしたが、交際は順調なようだ。

参照元:ヤフーニュース
参照先URL: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170321-00009300-jprime-ent 

~~~◆ ◇ ◆ 以下、ネットの反応です ◆ ◇ ◆~~~

「上辺だけで付き合ってない感じが良い。三浦春馬に好感持った。」


「小春馬って…、何それ。」


「デートしたっていいでしょ。」


「『小春馬』って、記者さんうまいこと言ったってドヤ顔かもだけど面白くない。」


「熱愛なんかより」


「どんなに忙しいときでも観戦に行く三浦の人柄がよー分かって」


「ちょっと感動したやん。。」


「まだ若いんだから、たくさん恋愛した方が良い!写真撮られようが、気にしないで楽しんだほうが良い!!」


「三浦春馬!」


「菅原小春と」


「キックボクシング観戦デート!」


「どちらも色々な経験をすれば」


「良いと思うしデートなんて今は」


「普通にしますよ。。。」


「独身でカレカノがいないなら」


「遊びに行ったりするのは自由に」


「させてあげたら良いと思う。。。」


「応援したくなるね」


「良いじゃ無いの。恋愛したって。」


「自分は、そっと見守りたいね。」


「死んだね、直親…」


「普通はこういった写真の事を盗撮と呼ぶんですよ」


「こんな格好で出歩かないとならないのは不憫だね。」


「付き合ってるなら、デートくらいするでしょ。そっとしといてあげたらいいのに。」


「私の春馬をとらないで、、、」


「50代男性」


「もういい大人なんだから、女の子とデートもしたいよな。そっとしとけよ。」


「忙しくても、友人や恋人との時間を大切にする人なんだね。」


「でも、そろそろそっとしといてあげてほしいなぁと思う。ツーショットとったと記者はどや顔かもしれんけど、今さら感がある。」


「こんなプライベートのデートまでマスコミに写真撮られて付いて来られるなんて芸能人て本当に大変ですね。可哀想。そっと楽しませてあげればいいのに。」


「三浦はブス専か」


「ファンに歓迎されてる彼女ですかね?」


「人間なんだからデートだってする。」


「目くじら立てる問題じゃない。」


「美男美女の最高のカップル!」


「二人とも人としても素晴らしい。」


「いいな。」


「羨ましい。」


「爽やか~」


「三浦春馬っていうとyouのロシア人、二人組思い出す。」


「1人は確か、留学してるんだっけか?」


「お幸せに、、、」


「もういい加減にしてほしい。春馬君ファンとしてはプライベート情報より次のお仕事情報。ずっと応援している人たちがいることを忘れないで。」


「unlock」


「事務所OK。全盛期終わり。搾り取ったからOK。」


「堂々としていて良いじゃない。ゴールインも見てみたい。」


「姿が怪し過ぎるやろか」


「いいイメージはない。」


「この記事読んでなんかモッコリしました。いやホッコリしました。」


「熱演中。だった」


「だからなんだよ」


「別にデート位良いだろ」


「この手の芸能人のデートだなんだゴシップ記事ばっか書いてるライターは、基本モテない非リア充ばっかなんだろうなと思う」


「人のこと噂する前に、てめーの私生活しっかりしろよ」


「で、どれが彼女?」


「お似合いな2人です!才ある2人期待しています。」


「三角関係?」


「春同志なんだから!」


「三浦春馬はチャラチャラしてなくて、きちんと彼女と付き合ってる感じがして良いなあ。応援したくなる!」


「もーすぐ春ですねー♫」


「ちょっと恋してみませんかー♫」


「ソッとしておいてやんなさいよ。」


「直親様は、しの(直親の奥さん)の目を盗んで、浮気をしています。」


「そっとしといてあげなよ。」


「恋愛も自由にさせてもらえないとか芸能界は大変だ(>_<)」

山本裕典 契約解除!エヴァーグリーンエンタテインメント弊社の意向

山本裕典 契約解除!エヴァーグリーンエンタテインメント弊社の意向が話題ですね

山本裕典 とり年なので「飛ぶ年に」と飛躍誓った 昨年12月…本当に飛んでしまう

山本裕典の所属事務所が契約終了を発表、「本人と話し合い、熟考を重ねました」

続きを読む